更年期障害の症状改善で穏やかライフ~様々な治療で即改善~

病院

注目されている治療法

病棟

体内にあるものを使います

樹状細胞は、人の体の中に元々ある細胞でがん細胞を見つけて、リンパ球などに情報を渡す役割があります。樹状細胞療法は、体内の樹状細胞を取り出してがん抗原をとりこませることで、がん細胞の情報を与えます。これによって、どのがん細胞を攻撃すればいいのかが分かり、働きを強くすることができます。従来の方法では正常な細胞にまで壊してしまうことが多いですが、樹状細胞療法ならば、がん細胞のみを攻撃させることができますので、体力が低い人でも治療を受けることが可能です。血液から樹状細胞を採取しますので、採血が必要になります。また、樹状細胞療法を行っている病院は限られていますので、電話で予約するなどしておくことを忘れてはいけません。

負担が少なくて済む

保険が適用されない樹状細胞療法ですが、従来の方法でも長期にわたれば高額な費用が必要になります。手術とは違い、樹状細胞を取り出してから必要な情報を与えて体内に戻すだけなので肉体への負担が少ないです。ただし、すぐに治るわけではなく半年以上かかることも理解しておくとよいです。入院する必要はなく、ほかの治療手段と併用することもできますのでより早くがんが治りやすくなる可能性が高いです。体内にある樹状細胞を使うわけですから、副作用がほとんどないです。がんが進行すれば、入院をしなければいけないのが一般的でしたが、樹状細胞療法を利用すれば通常の生活を続けることが可能になることもありえます。体への負担が少ない樹状細胞療法は、これからも注目される治療手段になります。