更年期障害の症状改善で穏やかライフ~様々な治療で即改善~

病院

ガン治療の未来

女性

今後広がっていく治療法

NK細胞療法は、ナチュラルキラー細胞を使った治療法です。聞きなれないかもしれませんが、ナチュラルキラー細胞とは、人間に本来備わっている免疫細胞です。NK細胞療法は、この免疫細胞を有効に働かせることによって、ガン治療を行ないます。免疫治療の発達によって、私たちはより負担の少ない治療が受けられます。しかし、まだまだ費用も高額ですし、受けられる場所も限られています。今後はこの治療法が広がっていくにつれて、費用も下がり、受けられる場所も増えてくるでしょう。 そして、このNK細胞療法を皮切りに、「体に負担が少ない治療」が広がっていくでしょう。なぜならば、これからは治療は通院で行なう時代ですし、高齢化社会になりますので、生涯現役で働くことになるからです。なるべく体に負担を掛けない治療法は、そんなこれからの時代の要請に答える治療法なのです。

自然なガン治療で生涯現役

NK細胞療法は、人間に備わっている免疫機能を利用する治療です。ガンになりますと、免疫機能がうまく働きません。そこで、患者からNK細胞を取り出し、活性化後に増殖させて、患者の体内に戻します。すると、免疫機能が強化されますので、NK細胞がガン細胞を攻撃してくれるのです。人間に本来備わっている機能ですので、副作用は基本的にありません。【生涯現役時代の治療】従来の主な治療法である、手術・抗がん剤治療・放射線治療は、体への負担が大きく、生活や仕事に大きく支障がでます。それに比べて、NK細胞療法は、人間に備わっている本来の機能を強化するだけですので、体への負担も少ないのです。そのため、これからの生涯現役社会において、生活や仕事への支障が少ない治療法として、期待されているのです。